*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血液検査の結果
夜間病院から連絡が入っているはずなので、朝一でH動物病院に向かいました。
昨日の利尿剤飲み過ぎの件もあるから、早く診て欲しかったからね。
でも利尿剤を少し飲み過ぎたからと云って、直ぐにどうのこうのって言うのはありえない、と
T動物病院の院長先生が仰っていたそうです。

お話しを聞いて頂いたあと、血液検査となりました。
20分ほど時間が掛かりました。

20120512 004

5月2日の検査結果と、如実に違っていました。
赤いマークが多くなっています。

20120512 006

明らかに腎臓などに負担が掛かっちゃっているそうです。
一番下の項目、犬Cー反応性蛋白:CRP と言うのは、どこか分からないけど病原があると言うことらしいです。
明らかに上がっちゃっています、きっと腎臓だね。

20120512 002

500ml の水 ?(ソルアセトF)を、皮下注射しました。
このお水のお陰か、チーが間に合わずお漏らし2回。
仕方がないですよね。
どこでもいいから、どんどんチーしてくださいね。

食欲は、朝・昼・夜とササミを少し食べました。
夜は、胡瓜の薄切りを1枚食べました。← 胡瓜大好きなんだよね。
少しだけど、食欲が出てくれて良かったです。




夜間病院から届いていました。

<総合所見>
聴診の結果、肺水腫はを疑う所見は認められませんでした。
エコーで心臓を確認したところ、左心室の遠心性拡大は著明で収縮も弱く、循環が悪いことが考えられるそうです。
おそらく右心室でも逆流があるのではと思われ、血中炭酸ガス濃度が高くなっているのではないかと思われ、それによる代償性の呼吸数増加ではないかということらしいです。
今後のことを考えると酸素テントを用意された方が良い様に思われます、とのこと。

心臓の大きさからラシックスを一時的に増量するように指示し、今回は注射での投与をしましたが、その後左半身の動きに異常が認められ(前脚の掌上と後肢の不全麻痺、ふらつき、眼振など)ましたので、血管麻痺か小規模脳梗塞が起きた可能性があります。

<プラン/指示等>
暫くして目立った神経症状は消失しましたが、ふらつきは残っていたようです。
この症状に関しては暫く経過を見る必要があるかも知れませんが、脳梗塞だとしても広範囲ではないと思われることから、生活に支障は出ないかと思われます。
肺水腫に関しても、現時点では発症するともしないとも言い切れませんが、短期間にはおそらく発症しないように思われました。
ただし、体重が増加している可能性があり、そうだとすると水分貯留があるのかもしれませんが、その点は心配な要因であるため土曜日までフロセミドを増量して投与する様に指示しました。


脳梗塞の原因ですが、H先生のお話では利尿剤の注射で一時的なショック状態が起こり血栓が脳に飛んだのでは?と言うことです。
余り考えられないアクシデントです。
脳梗塞は、大丈夫とは云えないけど今は余り心配しないでも良さそうです。
血管拡張剤も心臓に負担があるので、夜間病院で出ている以上は飲まなくてよい、との事。
(夜間病院で直ぐに1回、翌朝1、翌夜1、翌々朝1。)






初、夜間病院
昨夜、初めて夜間病院に行って来ました。


20120512 014

昨日の夕方、のんびりとジェルマットはどれがいいかな?なんてアップしていました。
りゅうさん、何も変わった様子はありません。
それより、遊ぼう~♪って、ボールを持って来る元気もあり、それを静止するのが大変な位でした。

お夕飯の食い付きは、ちょっと悪かったのですが完食しています。

私達もお夕食を食べて、暫くしてから龍父はいつものウォーキングに出掛けました。
その後、暫くしてりゅうさんの様子が変な事に気付きました。
呼吸が荒く、ウロウロと落ち着きがありません。
肺水腫を起こすと、この様な行動をするらしいと、聞いて、
龍父に直ぐに電話して、即効帰宅してくれるようにお願いしまいた。

今、りゅうさんを診て頂いているH病院に電話してみましたが、電話では様子が分からないので連れて来て下さい、と言われましたが、診療時間があと数分で終わってしまいます。
45分まで待ちますので、それまでに連れて来てください。と・・・
今ここに、龍父が居たら行けたと思いますが、急いで帰宅途中です、間に合いません。

では、夜間病院にカルテを送っておきますので、夜間病院に行ってください。

この時は、もう少し待ってくれても・・・と思いましたが、冷静になってみれば先生の行動は当たり前だし、的確な判断だったと思います。
カルテを送って頂いていたお陰で診察がスムーズに行きました。

聴診の結果、肺水腫はを疑う所見は認められませんでした。
エコーで心臓を確認したところ、左心室の遠心性拡大は著明で収縮も弱く、循環が悪いことが考えられるそうです。
おそらく右心室でも逆流があるのでは?血中炭酸ガス濃度が高くなっているのでは?と思われ、それによる代償性の呼吸数増加ではないかということらしいです。

今後のことを考えると酸素テントを用意された方が良い様に思われます、とのこと。

心臓の大きさから利尿剤(ラシックス)を一時的に増量することになりました。
今回は注射での投与をしました。

注射のあと、りゅうさんの顔が変です。
目もキョドっています。

先生、りゅうの顔が変なんですけど~っ!、と叫んだら

眼振があるな、これは脳梗塞かも知れない。

えっ! 脳梗塞!?
思っても居ない展開です。
私の頭の中はパニック状態です。

ちょっと床に下ろしてください。
りゅうさん、ふらついて立てません。

左前脚を上げたままです。

えっ、今、脳梗塞になったのですか?

そうです、今です。

直ぐに血管拡張剤を飲ませてくれました。

病院に居る内で良かったです。
自宅で起こっていたら、パニックになっていたでしょう。


まだ、ふらつきは残っていましたが、脳梗塞だとしても広範囲ではないので大丈夫でしょう~とのことです。
あとは時間の問題です。

先生、時間って?

数週間から、数ヶ月です。

あっっ! 時間って今日ってことではないのですね。
やっぱり、日にちが掛かるのですね。
一日も早く、ふらつかないで歩ける様になりますように。

帰宅後、1時頃、チーに連れて行きました。
ふらつきながら、自力でチーをしました。

その後も、ウロウロしながらも横になってくれたので就寝となりました。
龍父はリビングで。
私は安定剤を飲んだお陰で、3時間くらい寝られました。




<長くなるので続きます。>






大ドジ
今日、かぁちゃんのカイロ予約日。

いつもは午後の診療ですが、りゅうさんの事もあったので昨日電話をして時間を変更して貰い、
りゅうさんの事も診てくれるようお願いしていました。

東條先生に、昨日いつ頃診て頂けたのか聞いてみたら、「 あのあと直ぐに診たよ。」
朝ご飯を全く食べなかったのに、お昼は食欲が戻った事をお話しし、先生のお陰です、と云ったら、
僕の治療が効いたか分からないけどね、と笑って仰っていました。

いえいえ、信じるものは救われるのです。

今日は、りゅうさんがいつも身に付けている、五鈷杵 を持参しました。



診て頂いたら、邪気があったそうです。
良かった、持って行って・・・

「 今日りゅうちゃんは、何でもなかったよ。」

良かった~♪

昨日、あれだけ驚かせられたから、ちょっとほっとしています。

朝方、胸がザワザワしていたので、安定剤を半分飲んで行ったのです。
そのお陰か、少し落ち着いています。



そうそう、わたくし昨日大ドジをしてしまいました。

ア○コムの保険証を、2ヶ所の病院に提出してしまったのです。
一日、一回なんですよね。

まぁ、それは良いのですが、先に行ったH動物病院では初診料のみで保険は使っていないのです。

午後から行ったT動物病院で、「 今日保険証をつかいましたかぁ。」と聞かれ、シドロモドロに。(笑)
「 狂犬病予防接種の件でご近所のS病院に行ったので、その時に診察券と一緒に出しちゃいましたぁ、でも保険証は使っていませ~ん。」
苦しい嘘の言い訳。(汗)

NEC_0083.jpg
と、云うことで保険証が使えずに全額支払ってきましたぁ。

あとで、ア○コムに請求書をださなきゃぁね。 ← 多分、忘れるよ。(笑)



昨日は気付かなかったけど、アップするのに写真を撮ったら・・・ 日付が違っていました。
まだ、5月2日になってないし・・・

以前の検査結果 ( 心電図 )も、日付が違っていて、ビックリしたっけ・・・
ちょっとした事だけど、ちゃんとしようよ。


ただ今、午後4時半過ぎ。
りゅうさん変わった様子はありません。 ほっ



心臓悪化
2~3日前から、食が細くなっていた、りゅうさん。

以前の、「 ご飯・ごはん・ごは~んっ!」って云う元気さが見られません。

「 ごはん? あっそう!」ってな感じ。

でも、今朝は違います。

まったく食欲がありません。

どんな物を用意してもダメ。

お水も飲みません。

これも、お薬によるものなのか・・・


思い切って、心臓病専門外来のある病院に行ってみる事にしました。
電話を掛けてみたら、初診も直ぐに受け付けてくれると言うし、まだ余り混んでいないと云うので、
即効、準備して出掛けました。

途中、ちょっと迷いながら到着。
我が家から、余り遠く無いことを確認。

検査機器・設備が整っている病院だと聞いていたので、意外とこじんまり(失礼)していたのにビックリ!

でも、診察室では椅子に座って、ゆっくり話しを聞いて頂きました。
人間の病院と同じ感じです。
私が話すことを(症状)を先生はPCに打ち込んで行きます。

ただ、私が余りに詳細に話してしまった為に、焦点が絞られず先生が困ってしまいました。

何をして貰いたいのか、何のために今日は来院したのか・・・

「 今のままでは何も出来ない。主治医の先生に診て頂いた方が良い。」と云われて、
見放された感じがして涙が出てきてしまいました。

先生が仰っていたのは、ちょっとニュアンスが違うのです。
食欲が無いのは、今までの経緯があるだろうから、経緯を知っている主治医にお話しした方が良い、
との判断でした。

カルテも出来たし、心臓の方は相談に乗りますよ、との事でした。
少し安心して帰宅しました。

20120430 010

話しを聞いて頂いただけなので、初診料だけでした。


帰宅したら、丁度お昼時でした。
りゅうさん、食欲が戻ってきていました。ほっ
朝、飲ませられなかったお薬を、一緒に飲ませました。


少し食欲も戻り、お水も飲んでくれたので、どうしようかと迷ったのですが、
掛かり付けのT動物病院は明日は休診なので、行く事にしました。

診察を待っている間に、りゅうさん
下痢気味でした。
そのまま検査して頂いたところ、腸内環境のバランスが崩れているとの事で、下痢止めが処方されました。
NEC_0076.jpg
以前も処方されている、デルクリアです。
下痢の時だけ飲ませてください、といわれたのですが・・・

以前、S動物病院のS先生には、処方されているだけ最後まできちんと飲んで下さいと云われました。
う~ん・・・色々あるんだなぁ

T先生は、お腹より心臓の方が先決だからと、仰っていました。
心臓が良くなれば、自ずとお腹も治ってくると・・・ほんとか?

うん・・・? でも、

「 ちゃんと診ますか?」

ちゃんと診るというのは、レントゲンを撮るということですか?

「 そうですね。」

お願いします。

こんな遣り取りがあって・・・

大変なことが・・・

想像していたより悪い状態でした。

レントゲンを撮って分かりました。

肺水腫にはなっていないけど、いつなってもおかしくない状態だと。

明日は休診日だし、ここまで来るには時間が掛かるので、急変した時にご自宅の近所で直ぐに診て貰える病院を
確認しておいた方がいいですね。

えぇ~っ!!!そんなに悪いのですか。

「 先生、グレードで言うと、どのくらいなのですか?」

「 一度、大学病院で詳しく検査して貰った方がいいですね、その結果によって診療方針が変わるかも知れないのでね。」

今ですか・・・?
このタイミングですかぁ

詳しく検査もしないで、最終兵器といわれるお薬を出すのですかぁ。

自宅近くの、T先生が信頼出来るという病院を2ヶ所教えて頂きました。

帰宅後、助言により午前中受診したH動物病院に電話。
こちらも、明日は休診日なので、明後日受診したい由、連絡。
お話しを聞いて頂けることになりました。
何とかという、検査は出来ないけど、ちょっと検査をするかも知れないので、朝食を食べずに来てください、との事でした。

何事も無く、明後日が来ますように・・・


おっと、その前に・・・
NEC_0074.jpg

下痢気味なので、利尿剤は止めておきましょうと云っていたのに・・・

心臓のレントゲンを見たら、利尿剤を増やしましょう~

こちらは素人、先生の言うとおりにするっきゃないものね。


大学病院に予約をするのは連休中のため、7日(月)以降になるそうです。

「 早く受診した方がいいから・・・」

ナンなんだろう・・・






春は検査の時期?
金曜日から、ケッケッと喉に何かが詰まった様な咳 (?) をしている、りゅうさん。

ベトメディンを飲み始めてから3ヶ月なので、そろそろ検査の時期かなと思い、咳のことも気になるので、
T動物病院に行きました。

この時期、ファイラリアだの、狂犬病予防接種など、色々検査の時期でもあります。
そんなことを、すっかり忘れていました。

待合室、ワンコと人でいっぱい・・・大混雑

こりゃ、かなり待つぞ。

仕方が無いので、車に乗る前にした、ちーだけを預け、心臓のお薬を貰って帰って来ました。


お薬を貰う受付で、ちょっとお話しを聞いたのですが、
ケッケッと、何かが引っかかっている様な感じなのですが・・・とお話ししたら、
「飼い主さんは皆さん、そう仰います。その咳は心臓からくるものです。」

断言されてしまいました・・・(汗)



カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
りゅうさんが・・・
プロフィール

cou

Author:cou
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのりゅう。
ボールが大好きな、男の子です。
神奈川県の真ん中辺りで、龍父と、かぁちゃん(cou)と暮らしていましたが、2012年5月16日(水)朝、お空に上っていきました。
享年 9歳4ヶ月と8日。
りゅうさんと仲良くしてくれて有難うございました。

いくつになったの ver2
りゅうさんがお空に上って
カテゴリー
リンク
Archiveα+Daycount
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。