*All archives* |  *Admin*

2008/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不満だったので
やはり夜中中、痛みを訴えていました。
我が家は、みんな寝不足


Ryuのデジタル・レントゲン写真です。
このレントゲンで問題がある場所は無いとの事。
計5枚のレントゲン写真を撮りましたが、全て問題はなし。
血液検査、これも問題なし。
う○Pーも問題なし。

ところが、チーに問題がありました。
「下部尿路疾患」、簡単に言うと「膀胱炎」だそうです。
かなりの雑菌数だそうです。
結晶もほんの少し見られるそうです。

膀胱炎と腰の痛みは密接な関係があるらしく、レントゲンで見て問題が無ければ膀胱炎を疑うそうです。
どうも、Ryuの痛みもここから来ているみたいです。

取り敢えず、膀胱炎の治療をしましょう、という事になりました。
まずは、抗生剤を飲んでフードを療法食にします。
これで良くなる筈です、との事。
勧められた療法食は、phコントロール。
これは塩分が多いので、キャバには向かないとS動物病院の先生に言われていました。
なので、選んだのはヒルズのwd。
今も、ヒルズの療法食idを食べているので問題ないと思われます。

しかし、膀胱炎だったとは。。。

膀胱炎の診断をしてくれたのは、鎌倉のG動物病院の院長先生です。
昨日のY動物病院の対応に不満だったとぉ~たんが、ワザワザ会社を休んで連れて来てくれました。

b69d9151.jpg
診療費の請求金額を見てビックリしたけど、Ryuには代えられませんよね。
保険に入っていて良かったと思った瞬間でした。(笑)


午後からは、かぁ~たんがお世話になっているカイロへGO!
T先生に、事の顛末を話したところ、やはりRyuには邪気が憑いていました。
「どれが効いたのか分からなくなっちゃうので、祓うのをやめようか」と、仰っていた先生ですが、「ダメダメ、直ぐに祓って下さい。」とお願いしました。

帰宅後、お留守番していたRyuを確認したら、ら、ら、ら~!
あれだけ痛みを訴えていたのに、痛みのイの字も無いくらい訴えなくなりました。
邪気を祓って貰ったお陰なのかな。

痛み止めも、抗生剤も、まったく飲ませていないのです。

このまま、早く良くな~れっ!





スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2008/05 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
りゅうさんが・・・
プロフィール

cou

Author:cou
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのりゅう。
ボールが大好きな、男の子です。
神奈川県の真ん中辺りで、龍父と、かぁちゃん(cou)と暮らしていましたが、2012年5月16日(水)朝、お空に上っていきました。
享年 9歳4ヶ月と8日。
りゅうさんと仲良くしてくれて有難うございました。

いくつになったの ver2
りゅうさんがお空に上って
カテゴリー
リンク
Archiveα+Daycount
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。